富士山南東消防本部

三島市、裾野市、長泉町
地域住民の安全・安心を守ります

トップページ > 生活情報 > 熱中症予防に関する情報

熱中症予防に関する情報

熱中症は、梅雨明け前後の湿度が高く蒸し暑い日に増加する傾向があります。 

熱中症が多く発生する季節です。皆さん注意して下さい。

また、富士山南東消防本部では、日本郵便株式会社が行う「かもめタウン」を活用し、令和2年8月7日以降に熱中症予防啓発はがきを管内の一部世帯にお届けします。

熱中症予防啓発はがきの詳細につきましては、こちらをご覧ください。

新しい生活様式における熱中症予防行動のポイント

新型コロナウイルスの出現に伴い、感染防止の3つの基本である ①身体的距離の確保 ②マスクの着用 ③手洗い、うがいの励行や「密集、密接、密閉」を避ける等の『新しい生活様式』が求められています。

このような新しい生活様式における熱中症予防行動のポイントは以下のとおりです。

暑さを避けましょう

・エアコンを利用する等、部屋の温度を調整しましょう。

・感染症予防のため、換気扇や窓開放によって換気を確保しつつ、エアコンの温度設定をこまめに調整しましょう。

・暑い日や暑い時間帯は無理をしないようにしましょう。

・できるだけ涼しい服装にしましょう。

適宜マスクをはずしましょう

・気温や湿度の高い中でのマスク着用は要注意です。屋外等で人と十分な距離(2メートル以上)を確保できる場合には、マスクをはずす等の工夫が必要です。

・マスクを着用している時は負荷のかかる作業や運動を避け、周囲の人との距離を十分にとった上で、適宜マスクをはずして休憩して下さい。

こまめに水分補給をしましょう

・のどが渇く前に水分補給をしましょう。

・1日あたり1.2リットルを目安に、大量に汗をかいた時は塩分も忘れずに摂取しましょう。

日頃から健康管理をしましょう

・日頃から体温測定、健康チェックをしましょう。

・体調が悪いと感じた時は、無理せず、自宅で静養しましょう。

暑さに備えた体作りをしましょう

・暑くなりはじめた時から適度な運動を実施し、暑熱対策を取りましょう。

・水分補給を忘れずに、無理のない範囲で実施しましょう。

《環境省 令和2年度熱中症予防行動 出典》

熱中症

 

令和元年度 各消防署 熱中症出動状況

表2

グラフ

総務省消防庁のホームページからも熱中症情報を御覧になれます。

総務省消防庁ホームページ 熱中症情報