富士山南東消防本部

三島市、裾野市、長泉町
地域住民の安全・安心を守ります

 

住宅火災を防ごう

 一瞬のうちにすべてを灰にしてしまう火災は、一人一人の心がけと日々の行いによって防げるものが大半です。全国の火災件数のうち、建物火災が約半数あり、そのうちの約6割が「住宅火災」です。出火原因の多くは、電気、コンロ・ストーブ、たばこ、放火・放火の疑いです。注意点は下記のとおりです。また、冬の時期は空気が乾燥しますので、暖房器具の取扱いには十分気を付けましょう。

電気火災を防ぐポイント

  • ♦電気のコードをカーペットや家具などの下敷きにしない
  • ♦たこ足配線はしない
  • ♦コンセントの周りにほこりをためない
  • ♦使わない器具はコンセントから抜く
  • ♦家具等重いものをコードに乗せない
 
たこ足配線電気火災2
 
 
 
 
 
  
 
   
 
 
 
 
 

コンロ・ストーブ火災を防ぐポイント

  1. ♦コンロから離れるときは、必ず火を消す
  2. ♦古くなったガスホースは使わない
  3. ♦コンロ・ストーブの周りに燃えるものを置かない
  4. ♦ストーブの上に洗濯物を干さない
  5. ♦給油は必ず消してから行う
  6. ♦ストーブがついたまま移動させない
 
 
ストーブ
 
コンロ
 
 
 
     
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

たばこ火災を防ぐポイント

  1. ♦寝たばこをしない
  2. ♦灰皿に水を入れる
  3. ♦灰皿に吸殻を溜めない
  4. ♦吸殻をゴミ箱に入れるときは、水でしっかり消してから入れる
たばこ2
 
寝たばこ
 
 
 
      
 
 
 
 
 
 
 
 

放火火災を防ぐポイント

  1. ♦ゴミは収集日の決められた時間に出す
  2. ♦家の周りに燃えるものを置かない
  3. ♦物置には鍵をかける
  4. ♦家の周りを明るくする
  5. ♦自動車カバーは防炎製品を使う
放火2放火
 

 

 

 

 

お問い合わせ先

 富士山南東消防本部 予防課
   TEL.055-972-5802